離婚書類記入例

離婚届について

■離婚届は、役所にあります。離婚届が受理されて、法律上、離婚ということになります。
夫婦そろって離婚届を出す必要はありません。

■離婚届の提出先は、本籍地か、夫婦の所在の市区町村の役所です。

■離婚届には、夫婦と成年の証人二人が署名押印します。
印鑑については、実印でなくていいです。

■証人は、氏名、生年月日、住所、本籍を記載します。
証人になる人について、とくに制限はありません。

■夫婦は、氏名、生年月日、住所、本籍を書きます。  

■未成年の子供がいる場合は、夫または妻のどちらが親権者になるのか記載しなければいけません。
監護権者については、離婚届に記載されませんので、監護権者を定めた時は、離婚協議書などでキチンと書面化しておくことが大切です。

■離婚の種類として、協議離婚なのか、調停離婚なのか、審判離婚なのか、裁判離婚なのか記載しますが、離婚の原因、理由などは離婚届には、書くことはありません。離婚届には、離婚理由の記載欄というものはありません

■離婚届を勝手に出されたくない場合には、離婚届の不受理申出という制度があります。

 

離婚届の書き方

##

離婚の専門家検索

離婚問題相談所モバイル版

離婚問題相談所モバイル版QRコード
離婚問題相談所モバイル版は右のQRコードを読み取るか、こちらをクリックして下さい。
# モバイル版URL:

http://www.rikon-soudanjo.com/i/

運営会社情報

株式会社リーガルビジョン

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-22
渋谷プレステージビル2階 TEL:03-5468-6222
FAX:03-5468-6223

運営会社情報

広告のお問い合わせ
このページの先頭へ