離婚書類記入例

不受理申出書について

離婚届が受理される前に役所にこれを提出することによって、離婚届が受理されなくなるという法的な効力を持つ書類です。
具体的な用途としては、夫婦のどちらかが独断で離婚届を提出してしまう可能性のあるとき、または夫婦どちらかの親が提出してしまう可能性があるとき、などが挙げられます。
例え偽造された離婚届であったとしても、記述に不備が無ければ受理されてしまうこともあります。
そういったことを未然に防ぐための手段として用いられています。この他にも自分の意思と反して離婚届が提出されてしまう可能性があるケースというのは様々ですが、この書類は出した本人の取下書が無ければ無効化することはできません。
平成20年5月1日以前は、この書類の効力期間は提出されてから6ヶ月間と決まっていましたが、現在は、取下げされるまで無期限に継続される取り扱いになっています。

不受理申出書の書き方

#

離婚の専門家検索

離婚問題相談所モバイル版

離婚問題相談所モバイル版QRコード
離婚問題相談所モバイル版は右のQRコードを読み取るか、こちらをクリックして下さい。
# モバイル版URL:

http://www.rikon-soudanjo.com/i/

運営会社情報

株式会社リーガルビジョン

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-22
渋谷プレステージビル2階 TEL:03-5468-6222
FAX:03-5468-6223

運営会社情報

広告のお問い合わせ
このページの先頭へ