離婚のための法律情報

暴力行為

身体的暴力

みなさんもご存知のとおり、直接身体に危害を加える暴力です。

暴力を振るう男性にはいくつかのパターンがあります。

  • もともと短気で暴力的な人
  • 精神的弱さを暴力で補っている人
  • お酒を飲むと暴力をふるってしまう

などなど、その人その人により差があります。普段はいい人なのに、キレルと・・・ともよく耳にします。暴力は人を傷つける犯罪です。夫婦だからといって許されるものではありません。

精神的暴力

暴言や、物にあたるなど、直接身体に危害を加えるわけではありませんが、精神的に恐怖心を与えるものがこれにあたります。第三者には説明し難い、気持ちを伝えるのが難しい暴力です。

けれども、本人にしてみれば、婚姻関係を継続しがたい大きな理由です。

もし精神的に少しノイローゼ気味になったり、うつ状態の兆候があるようでしたら、早めにカウンセリングや医師への診断を受けましょう。放って置くと離婚どころか、PTSDなど、心の病気になってしまいます。

性的暴力

SEXの強要、性癖の押し付け、卑猥な言葉などこれほど屈辱的な暴力はないでしょう。
しかも、第三者に相談し辛いものです。この暴力の被害者は女性であるケースがほとんどです。

慰謝料について

大きな暴力は慰謝料を請求し易い離婚理由です。
(ただし、「過去にケンカして殴られたことがある」程度のものでしたら、慰謝料請求は難しいでしょう。)

暴力による慰謝料請求は、証拠が必要ですので、暴力を振るわれたら、病院に行き診断書をもらうか、あざなどを写真にとりましょう。

小さな暴力が日々続くような方は、日記などに細かく記載しておきましょう。物を投げられた等も出来るだけ詳細に書き綴っておきましょう。

大きな怪我をするだけが暴力ではありませんが、出来るだけ第三者が客観的に見て、恐怖感を通常感じるだろうと思う程の証拠が必要です。

また、性的暴力を原因とする慰謝料請求は、 ご主人と話し合いをしたくない!離婚できればそれでいい。ということで諦めてしまいがちです。 しかし、ただ諦めてしまうのではなく、一度ご相談ください。直接ご主人と話さずとも、いろいろな方法がありますので一緒に考えていきましょう。

「離婚のための法律情報」関連コンテンツ

離婚の専門家検索

離婚のための法律情報

離婚問題相談所モバイル版

離婚問題相談所モバイル版QRコード
離婚問題相談所モバイル版は右のQRコードを読み取るか、こちらをクリックして下さい。
# モバイル版URL:

http://www.rikon-soudanjo.com/i/

運営会社情報

株式会社リーガルビジョン

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-22
渋谷プレステージビル2階 TEL:03-5468-6222
FAX:03-5468-6223

運営会社情報

広告のお問い合わせ
このページの先頭へ