離婚のための法律情報

性的なトラブル

性的暴力

暴力行為の中には、身体的暴力精神的暴力経済的暴力の他に性的暴力があります。

性的暴力の被害者は圧倒的に女性が多く、その暴力の範囲は、卑猥な発言など言葉の暴力からSEXの強要、性癖の押し付けなど多岐に渡ります。

被害状況も、月に数回から週に数回というように日常的な場合が多いようです。女性として、性的暴力は周囲に相談し辛く、かといって我慢できるもので はありません。夜が怖い、二人になるのが怖いと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。例え夫婦であっても、自身の欲求ばかりを押し付けること はできません。

性的暴力には、身体的暴力、精神的暴力が含まれることが多く、恐怖心から逃げることもできず、辛い日々を送っている方もいらっしゃいます。

また日常的な暴力は、中々収まることがなく、逆にエスカレートしていく場合も考えられます。

本来、家は落ち着く場所であり、楽しい場所であるべきで、家庭の中に暴力がある暮らしというものは耐え難いものだと思います。性的暴力は、婚姻関係を継続し難い重大な事由に含まれます。

生活のため、子供のためと我慢している方が殆どであると思われますが、暴力は犯罪です。

慰謝料請求は可能?

慰謝料を請求することもできます。

ただ、慰謝料請求に当たっては、日々の暴力を立証しなければいけません。もし、調停になったら調停委員にも話さなければいけないでしょう。その上、高額な慰謝料が認められるかは分かりません。

思い出したくも無いことを話さなければいけない辛さもあるでしょう。

もし、現在、あなたが暴力に耐える生活を送っているのなら、このままの生活を送るにせよ、おもいきって離婚という道を選ぶにせよ、まずは誰かに相談してみることをお薦めします。

例え身体に怪我をしていなくても、心に大きな怪我をしているのです。

性交渉の拒否

夫婦が互いに愛情を持って生活を送る中で、性交渉もまた重要な営みの一つといえるでしょう。

最高裁判所も「夫婦間の性的交渉は夫婦生活に伴う健康な営みで、夫婦のあり方として大切なもの」として、重要性を認めています。しかし最近は、セックスレスという言葉もよく耳にします。

セックスレスでも、お互いの同意があれば全く問題ありません。
ただし、これがどちらかの性交渉拒否となれば、話は異なってきます。

「離婚のための法律情報」関連コンテンツ

離婚の専門家検索

離婚のための法律情報

離婚問題相談所モバイル版

離婚問題相談所モバイル版QRコード
離婚問題相談所モバイル版は右のQRコードを読み取るか、こちらをクリックして下さい。
# モバイル版URL:

http://www.rikon-soudanjo.com/i/

運営会社情報

株式会社リーガルビジョン

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-22
渋谷プレステージビル2階 TEL:03-5468-6222
FAX:03-5468-6223

運営会社情報

広告のお問い合わせ
このページの先頭へ