離婚Q&A

離婚のための法律情報

浮気(不貞行為)をした配偶者からの離婚請求は認められますか?

浮気をした配偶者が、自らの不貞行為を理由に離婚請求をすることができないのは勿論のこと、他の離婚原因を理由に離婚請求をすることも、原則としては認められません。ただし、最近では不貞行為を行った配偶者からの離婚請求であっても、夫婦の別居期間が大よそ5年間以上に及んでいる場合には、特段の事情がない限り離婚が認められます。不貞行為をした配偶者からの離婚請求が認められるかについては、その人の誠実性も重要視されており、生活費をきちんと支払い、財産分与や慰謝料などの離婚給付もしっかり支払える目途がついているような場合には離婚請求が認められやすいです。
なお、夫婦が別居して婚姻関係が既に実質上破綻していることが明らかな場合、例えその後に新たな愛人が出来ても、家庭生活の崩壊はその愛人の存在と因果関係がないので、「不貞行為」には該当しないと解されており、その愛人を作った側の配偶者が婚姻関係の実質的破綻(婚姻を継続し難い重大な事由)を理由に離婚請求をすることは差し支えないと解されています。

離婚の専門家検索

離婚問題相談所モバイル版

離婚問題相談所モバイル版QRコード
離婚問題相談所モバイル版は右のQRコードを読み取るか、こちらをクリックして下さい。
# モバイル版URL:

http://www.rikon-soudanjo.com/i/

運営会社情報

株式会社リーガルビジョン

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-22
渋谷プレステージビル2階 TEL:03-5468-6222
FAX:03-5468-6223

運営会社情報

広告のお問い合わせ
このページの先頭へ