離婚Q&A

離婚のための法律情報

離婚をするときに、考えておかなければならないことを教えてください。

■婚姻費用の分担
離婚までの間、収入の多いほうの配偶者から少ないほうの配偶者に対して婚姻費用(夫婦が通常の社会生活を維持するために必要な生計費)を求めることができます。婚姻費用算定表が利用されていますが、具体的な方法は、弁護士に相談してください。

■親権者・面接交渉
未成年のお子さんがいる場合には、誰がそのお子さんを養育するのかを決めなければなりません。これを親権者といいます。また、親権者とならなかった親が子どもに会う場合のルールを決めておくことが適当です。なお、親権者とならなくても、監護権者といって、手元で養育できる場合がありますから、詳しくは弁護士に相談してください。

■慰謝料
離婚の原因を作った側は、相手方の離婚による精神的ショックを賠償するために慰謝料を払う必要があります。どのような場合に、慰謝料が問題となるかは、後の項目を見てください。

■財産分与
夫婦で作った財産がある場合には、その財産を夫婦間で分けなければなりません。その分け方を考える必要があります 。

■養育費
未成年のお子さんがいる場合には、上で述べたとおり、誰がそのお子さんを養育するのかを決めますが、養育をしない側から養育をする側に対して、子どもの養育費を支払う必要が生ずることがあります。

離婚の専門家検索

離婚問題相談所モバイル版

離婚問題相談所モバイル版QRコード
離婚問題相談所モバイル版は右のQRコードを読み取るか、こちらをクリックして下さい。
# モバイル版URL:

http://www.rikon-soudanjo.com/i/

運営会社情報

株式会社リーガルビジョン

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-22
渋谷プレステージビル2階 TEL:03-5468-6222
FAX:03-5468-6223

運営会社情報

広告のお問い合わせ
このページの先頭へ