離婚Q&A

離婚のための法律情報

どのようなときに裁判で離婚ができるのですか?

協議離婚や調停離婚は、話し合いによるものですので、離婚の理由はどのようなものでもかまいません。
これに対して、裁判離婚の場合には、相手が離婚をしたくないと主張している場合であっても、裁判所によっていわば強制的に離婚を認めてもらうものですので、離婚できる場合が限られています。
民法は、裁判離婚できる場合を、次の5つに限っています 。
(1)配偶者に不貞の行為があったとき
(2)配偶者から悪意で遺棄されたとき
(3)配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
(4)配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない とき
(5)その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき
(5)の例としては、配偶者からの暴行や虐待などがあげられますが、上記の(1)ないし(5)に当たるかどうかは具体的な事情を踏まえて裁判所が判断するものですので、個別の事案によって判断は異なってきます。裁判で認められるかどうか、また、その証拠がそろえられるかどうかについて、弁護士によく相談することが必要です

離婚の専門家検索

離婚問題相談所モバイル版

離婚問題相談所モバイル版QRコード
離婚問題相談所モバイル版は右のQRコードを読み取るか、こちらをクリックして下さい。
# モバイル版URL:

http://www.rikon-soudanjo.com/i/

運営会社情報

株式会社リーガルビジョン

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-22
渋谷プレステージビル2階 TEL:03-5468-6222
FAX:03-5468-6223

運営会社情報

広告のお問い合わせ
このページの先頭へ